TRNSYSのフォルダ構成

TRNSYSのフォルダはツールやデータ別にきれいに整理されてます。でも、なぜかそれ自体を説明したドキュメントがありません。

オプション製品をインストールすると、関連するドキュメントやサンプルプロジェクトもこのフォルダ構成に沿って展開されます。

新しいオプションを追加したら、Documentation、Examplesフォルダは要チェックです。

ただし、TESS Component Librariesは専用フォルダ(Tess Models)に展開するので、そちらをチェックしてください。

以下、TRNSYS18(C:\TRNSYS18)のフォルダ構成と内容です。イタリック表記はオプション製品をインストールすると作成されるフォルダです。

フォルダ内容
BuildingTRNBuild関連の実行ファイル、データ
CompilersTRNSYS、コンポーネントのビルド用プロジェクト
Documentationドキュメント
NostandTranssolar社のNo Standard Componentオプションのドキュメント
Examplesサンプルプロジェクト
NostandTranssolar社のNo Standard Componentオプションのサンプル
ExeTRNSYSの実行ファイル
MyProjectsプロジェクトフォルダ
MyTypesTypeStudio用のソースコードフォルダ(カスタムコンポーネントのソースコード)
SourceCodeTRNSYSのソースコード
StudioSimulation Studio関連の実行ファイル、データ
Tess ModelsTESS Component Librariesオプションのドキュメント、サンプル、ソースコード、プラグイン、データ
Documentationドキュメント
Examplesサンプルプロジェクト
SourceCodeソースコード
ToolsTRNSYS3D PluginなどのTRNSYS関連ツール
日本語サプリメントのツール
TypeStudioTypeStudioの実行ファイル、データ
UserLib標準、オプションコンポーネントのDLL
Weather気象データファイル
EPW, TMY2, TMY3, 拡張アメダスなど
TRNSYS18のフォルダ構成

※イタリックはオプション製品のインストールで作成されるフォルダ。

動作環境

以下の環境で動作を確認しています。
Windows10 Pro(64bit, 2004)
TRNSYS18.02.0002(64bit)

Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です