ArcClimateを使ってみたよ

GitHubで公開されているArcClimateを使ってみました。ArcClimateは建築研究所が公開する日本国内の任意地点の設計用気象データセットを作成するプログラムです。詳しい情報はリンク先を参照して下さい。

注:ArcClimateはWeb版も公開されていますが、この記事では元になったプログラムの方を試しています。

2022/10/19 ArcClimate関連情報のURLを追記

試した環境

  • Windows11 Pro
  • Python 3.10.4

インストールと実行

リンク先の説明(Quick Start)に従って作業します。ArcClimateはUbuntu(Linux)を前提しているようなのですが、上述したようにこの記事ではWindows環境で試しています。このため、使用するコマンドもWindows環境に合わせています。

Quick Startの説明にはないのですが、Windows環境ではrequestsも必要だったのでインストールしています。

pip install git+https://github.com/DEE-BRI/arcclimate.git
pip install requests
arcclimate 36.1290111 140.0754174 -o kenken_EA.csv --mode EA

プログラムが終了して、kenken_EA.csvをExcelで開くと。。。

気温、相対湿度、日射量、風向、風速とシミュレーションに必要なデータが1年分揃っています。

このデータならTRNSYSの気象データリーダー(Type99)で扱えそうです。(単位系の変換とヘッダーの追加は必要ですが、それほど面倒じゃなさそうです)

2022/07/12 Type99で読み込んでみました。

動作環境

以下の環境で動作を確認しています。

  • Windows11 Pro(64bit, 21H2)
  • Python 3.10.4
Pocket

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。