拡張アメダス気象データをWindows7で使うと。。。

久しぶりに拡張アメダス気象データ(AMeDAS)を使おうと思ったら変な動きをします。

具体的には気象データはDVDから読み込めたのに「データの表示」で選択肢の一覧に表示されません。

対応OSがXPなので、Windows7で使おうとしているのが駄目っぽいです。原因はおそらく、Vista以降のセキュリティ強化によるものみたいです。

素直にXPのPCを用意すればいいですが、それだけのために別のPCを使うのもめんどくさい。

対策:

試しにやったらできてしまったという感じですが、以下の手順です。試される方は自己責任でお願いします。

対策としてはEA DataNaviに管理者権限を割り当てます。

まず、EA DataNaviのプログラム本体をエクスプローラーで選択します。通常は”C:\Program Files\AMeNET\Bin”フォルダにある”DataNavi.exe”がそれです。

このファイルを選択して、右ボタンをクリックして表示されるメニューから「プロパティ」を選択します。

表示されるダイアログで「互換性」タブを選択して、「すべてのユーザーの設定を変更」ボタンをクリックします。

「互換性」タブを選択して、「すべてのユーザーの設定を変更」をクリック
「互換性」タブを選択して、「すべてのユーザーの設定を変更」をクリック

特権レベルの項目で「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックして「OK」ボタンをクリック。

「管理者としてこのプログラムを実行する」をチェックする
「管理者としてこのプログラムを実行する」をチェックする

以上で、おしまいです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です