TRNSYSで単位換算

シミュレーションやっていると単位換算したいケースが多々あります。(どうでもいいけど「たんいかんざん」って入力すると毎回「単位寒山」って変換されるんですが、どんなロジックだこれ)

TRNSYSにはそんな用途に使えるType57(Unit Conversion Routine)というコンポーネントが用意されています。

Type57を配置
Type57を配置

コンポーネントをダブルクリックするとVariable Windowが表示されるので、換算する単位系を設定していきます。

単位系の設定
単位系の設定

設定する値は3個だけです。

Table Nb. for input          ←換算する単位に種類
ID number from table for input    ←換算元の単位系
ID number from table for output   ←換算後の単位系

ここでの設定はすべてIDになるので、マニュアルの該当ページをみて値を調べます。

マニュアルで単位系のIDを確認
マニュアルで単位系のIDを確認

例として、エネルギー量をkJからkWhへ換算してみましょう。

エネルギー量のテーブルを確認すると番号は11、単位系はテーブルの記載に従って以下のように設定します。

単位換算の設定
単位換算の設定

ここまで設定が終わったら、あとは入力に値を入れてあげれば、出力側に換算後の値が出力されます。

Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です