TRNSYSで単位換算

2020/02/06 記載内容、画像をTRNSYS18へ更新

シミュレーションやっていると単位換算したいケースが多々あります。

例えば、TRNSYSでは内部発熱や負荷はkJ/hで扱いますが、Wに換算したいことってありますよね。

1W=1J/sなので、3600J/h = 3.6kJ/hです。ここから逆にkJ/hからWへの換算は1/3.6倍すればOKです。

でもこれ毎回やるの面倒ですよね?

TRNSYSには単位換算用にType57(Unit Conversion Routine)というコンポーネントが用意されています。

Type57を配置
Type57を配置

コンポーネントをダブルクリックするとVariable Windowが表示されるので、換算する単位系を設定していきます。

換算する単位系の設定
換算する単位系の設定

設定する値は3個だけです。

  • Table Nb. for input        ←換算する単位の種類(テーブル)
  • ID number from table for input   ←換算元の単位系
  • ID number from table for output ←換算後の単位系

これらの設定はすべてIDで指定します。マニュアルのType57のページを参照して値を調べます。

例としてkJ/hからWへ換算してみましょう。

マニュアルで単位系のIDを確認
マニュアルで単位系のIDを確認 する
TRNSYS Document 4.11.8. Type 57: Unit Conversion

マニュアルの表を確認すると番号は12、単位系はkJ/hが1,Wは2です。記載に従って次のように設定します。

単位換算の設定
単位換算の設定 (kJ/h → W 換算)

ここまで設定が終わったら、あとは入力に値を入れてあげれば、出力側に換算後の値が出力されます。

変換元と変換後の出力先を接続する
変換元と変換後の出力先を接続する

複数項目を換算するときは、Parameterの下部の項目で個数を指定、換算の指定を追加すればOKです。

項目を3個に増やした例

動作環境

以下の環境で動作を確認しています。
Windows10 Pro(64bit, 1909)
TRNSYS18.02.0000(64bit)

Pocket

2件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です