作ってみようTRNSYSコンポーネント(1) 準備編

夏休みなので、TRNSYSのコンポーネントを作ってみます。(普通に仕事してます。まあ、気分的にそんな時期だなと)

完成メージ

TRNSYSには標準でたくさんのコンポーネントが用意されています。一般的な計算はコンポーネントをつなげるだけでできてします。

そうは言っても、研究のテーマによっては、ちょっと違った計算を試したいケースもありますよね?

TRNSYSには、そんな時のために独自のコンポーネントを作成する仕組みが用意されています。これを覚えるとTRNSYSの使い勝手の幅がグッと広がります。

※TRNSYSのドキュメント、Vol.1 Getting Startedの内容に沿って作ってみます。

用意するもの

TRNSYS17.1 最新版にアップデートしておきましょう。

コンパイラ: インテル(R) Visual Fortran Composer XE 2011 for Windows

↓ここから評価版がダウンロードできます。

http://software.intel.com/en-us/articles/intel-software-evaluation-center/

作り方の概要

コンポーネントの作成は、だいたい以下のような流れで行います。

1)コンポーネントのプロフォルマを定義する

作成するコンポーネントのインターフェースを定義します。具体的に言うと、コンポーネントのParameterとかInput、Outputの項目を定義します。

2)ソースコードの生成とコンパイラの設定

プロフォルマが出来上がったら、ソースコードのスケルトン(雛形)を作成します。このあたりの処理はSimulation Studioがやってくれます。

3)ソースコードの編集とビルド

ソースコードが出力されたら開発ツールをつかって、計算内容を記述します。

4)Simulation Studioで実行

出来上がったコンポーネントで計算実行。

一回じゃまとめ切れないので、順番に書いていこうと思います。

つづく。

関連記事

(1) 準備編
(2) プロフォルマ
(3) ソースコードの生成
(4) ソースコードの編集
(5) Simulation Studioで実行
(6) デバッグしてみる
補足 FORTRANの環境設定

Pocket